ホームページ制作・webコンサル|レイア

ホームページ制作・WEBコンサル・SNS講座

SSL導入について

レイアでは当社でサーバーをご契約のお客様につきましてはSSLを導入しての運用に切り替えをご提案していきます。

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上でデータを暗号化して送受信できる手順のことです。
URLが http ではなく https になり鍵マークが付きます。

このSSLですが、数年前より検索の順位に影響が出るようになるとGoogleは言ってました

まず2014年8月7日に「HTTPS をランキング シグナルに使用します」ウェブマスター向け公式ブログで表明しており

「Google は、より多くの HTTPS ページを探すよう、インデックス システムを調整していることをお知らせします。具体的には、HTTP ページに対応する HTTPS ページのクロールを開始します。これは、対応する HTTPS ページがどのページからもリンクされていない場合にも対象となります。」

と表明

この段階ではまだ影響は薄かったのですが、2015年12月18日に同じくウェブマスター向け公式ブログにて、「HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります」と明言しました

「Google では常にユーザーのセキュリティを最優先に考え、長年にわたってウェブの安全性の向上やブラウジング体験の改善に取り組んできました。Gmail、Google 検索、YouTube では以前からセキュアな接続を実現しており、昨年は、検索結果での HTTPS URL の掲載順位を若干引き上げる取り組みにも着手しました。」

この発表では「検索結果での HTTPS URL の掲載順位を若干引き上げる」とはっきり明記しています。

更にGoogleはChromeブラウザにてクレジットカード情報やログインフォームを有するサイトで非SSLサイトである場合「安全ではない」という意味合いのアイコンを表示するようになりました

このようにインターネット上でのSSL(暗号化)施策は非常に重要であり、今後は常時SSL稼働のホームページでないと安全性を疑問視されるような流れが来ると考えられます。

SSLは今後必須の施策となってまいります
安全安心なインターネット環境構築にご理解・ご協力頂ければと思います